見た目のことを言わないで!

エピソード19:薬の副作用で起きたむくみ

病気になり、毎日薬を飲まなくてはいけなくなったことを知っている親に、薬の量が多い時は副作用としてムーンフェイスが出ることをお医者さんからも自分で調べたので自分からも話をしたはずでしたが、いざ薬の効果が出てきた証拠としてムーンフェイスになってしまい、首が埋もれてしまっているような状況になってしまったときに、顔がまんまるで、首がないねと言われ、とても傷つきました。

 

なるべく動揺していないように装っていましたがとてもショックで傷つきました。

 

好きでムーンフェイスでなっているわけでも、食べ過ぎてなってしまったわけでもなくこの薬がないと生きていくのも大変になるような病気なため、飲むことは生命維持なので、自分ではありがたく服用している薬です。

 

もちろん最初に自分でムーンフェイスを見た時は、ショックで、しばらく引きこもりましたが、このまま人生を終わらせるのも嫌だったので、マスクなどで外出しますが、一番理解してくれているはずの親に言われたのは傷つきました。

 

 

エピソード20:飲み会の席での上司の発言にショック!

 

私は会社の飲み会で、ほろ酔いの上司に「お前は大きなお尻だな。」と言われたことがあります。

 

その場にいた同僚は、すぐに上司に注意をしてくれ、私も笑って流しましたが、実はしばらくその言葉を引きずって落ち込んだことを今でも覚えています。

 

というのも、私は下半身太りで、大きなお尻と太い足にコンプレックスを感じ、とても気にしていたのです。

 

しかし、友人からはそのようなことを言われたことがなかったので、自分が気にしすぎているだけなのかと思っている部分もありました。

 

その時、上司にはっきりと言われたので、とてもショックを受けました。

 

私は急に、「今まで私の周りの人はみんなそう思っていたのかな…」と不安になり、人前に出るのが億劫になってしまうほどでした。

 

上司はきっと悪気などなかったのだと思います。

 

私が傷ついたなんて言えば、なぜそんなことで?と感じるでしょう。

 

でも、私にとってはその場で涙がこぼれてしまいそうになるくらい辛いことでした。それくらい、見た目のことを言われると女性は傷つきます。