見た目のことを言わないで!

エピソード13:仲がいいからって触れちゃいけないこともあるんです

 人に言われて傷つくことはたくさんありますが、何気ない一言ほど傷つくものはないと思います。

 

男性で最も触れてほしくないことと言えば、やはり髪のことではないでしょうか。私は遺伝によって昔から生え際がM字に上がっていて、プラス天然パーマなので隠そうとすればするほど目立ってしまいます。

 

しかし不思議なもので、自分では隠しているつもりなので誰も額の後退には気づいていないものだと思っていました。

 

ある日、あれは20歳頃のことだったと思います。最も仲が良かった友人から、「最近オデコきてない?」と言われたのです。

 

私は生え際のことを言われるのが一番嫌で、きっと周囲もその雰囲気を感じ取っていたのだと思いますが、親友であるが上にその垣根を軽快に超えてきたのです。

 

「嘘?分かる?」と聞き返すと、「余裕で分かる」と言うのです。

 

私は本当にショックを受けました。

 

もしかしてみんなそう思っているんじゃないかと疑心暗鬼になり、しばらく外に出られないほど落ち込みました。

 

それから私は言動に気を付けるようになりました。何気ない一言で誰かを傷つけるかもしれないのだと。

 

10年経った今でも、時々思い出してしまうことがあります。

 

 

エピソード14:そんなに幼く見える・・?ジロジロ見られて・・

 

私は、今年で36歳になります。

 

しかし、どうやら童顔らしいので、女性からバカにされているのかどうかさえ分からない発言をされることがあるのです。

 

例えば、病院の待合室で席に座っていると、3〜4人分位離れた横の席に座っていた(女性のおそらく親子)二人の女性のうち若い方が、私をジロジロ凝視しながら「ママー、ママー」と声を出し始めました。

 

気のせいかと思いましたが、私を見てまた「ママーママー」と裏返った声を出します・・さらに隣の、母親と思える年配の女性が「どうしたの?」と顔を近づけて聞くと、「あれ見て、あれ・・」とニヤニヤしながら私を見ております・・「小学生じゃないんだからさぁ・・」「だって、あの人、大人だよ!?」というやりとりがあって、どうやら私が「子供っぽい存在感」だということを言いたいらしいのです・・

 

その後、目の前のポスターを凝視していると、(そのキャラクターの名前を出して)「〜〜マン見てるよ〜、気になるのかな」などと、まるで子供扱い・・なんで、そんなにジロジロ凝視されたり子供扱いされないといけないわけでしょうか・・

 

別に、何も悪いことはしていないのですが、恥ずかしい心持がしてなりません・・そういったことが結構ありますので、言い方や態度によっては傷つくこともあります。

 

毛穴の悩みも気にしています。

 

毛穴対策を気を付けて、言われないようにしています。