見た目のことを言わないで!

エピソード9:何気なしにコンプレックスを指摘され、ショックだったこと☆

私が体に関して一番コンプレックスなのは、下っ腹が出ていることです。

 

体重は標準体重ですが、下っ腹だけ痩せないです。その為、非常に気にしています。

 

しかし、以前勤めていた患者に言われてショックだったことがあります。その患者は食事の栄養指導で何度か担当したことのある人。

 

年齢は30歳代だったと思います。

 

仕事の帰り際にばったり会い、話しかけられたので少し話していました。

 

何気ない話をしていましたが、ふとこんな言葉を言われました。

 

患者「あれ?妊娠したの?」私「いえ。」患者「あ〜。ただお腹が出ているだけか。」。

 

下っ腹が出ていることは認識しているし、事実そうだけど、改めて言われるとショックでした。

 

また、結婚もしており、妊娠希望であった為、併せてショックな感じでした。

 

一応、患者と医療従事者という関係であったので、上手く流し怒りは心に留めておきました。

 

その患者は全く悪気はなかったようですが、発言には気を付けてほしいと思いました。

 

 

エピソード10:電車を待っているとき、樽みたいな体型といわれました

 

私は自分でもわかってはいるのですが太っています。ダイエットをしようかなぁとは思うものの、思うだけで行動に移せないタイプです。

 

そんな私でも自分の体型にコンプレックスがあるのです。

 

先日電車をホームで待っていると、向かいのホームから声の大きな年寄りが「樽みたいな体型だな、あれ」と言ってきたのです。混雑時なら私のことではないのかもしれない、と思うのですがそのとき向かいのホームには私しかいませんでしたし、確実にこちらを見ているのです。

 

自分で太っていると分かっているけど、それを他人に指摘されるとショックはとても大きいものです。

 

客観的に見ても自分は太っているのか、と思ってしまうのです。

 

向かいのホームから私に言った老人はずっと私のほうを見ていますし、私もそこから動くと負けるような気がして、早く電車きてくれ、と祈るしかなかったのです。

 

太っているから、といってダボダボの服を着たりもしていたのですが、それも逆効果にしかならないようで、ダイエットするなりちゃんとした格好をするようにしなければならないな、と改めて思う出来事でした。

 

<スポンサーリンク>
蒸し大豆を手軽に取れるスーパー発芽大豆
ツルツルすべすべ肌にすっぽん小町
すっきりお通じぷりぷりプリンセス